ライティング

WEBライティングのスキルを上げるための7つのポイントと読まれる文章を書くコツ

普段私たちが相手に対面せずに自分の気持ちや出来事、ノウハウなど伝えるためのツールとして使われているのが文章です。

 

Web上で記事を公開したり、リアルなところでは新聞や本がいい例ですね。

 

文章は内容がよくても相手に伝わらなければ意味はありません、そして伝わる文章を書くにしても感動させるほど感情を刺激させる文章の方が読者にとって面白みや役に立ったという気持ちが起こるんです。

 

もし、あなたがブログやWebマーケティングをやっている、またはやろうとしているならインパクトがあり相手に響くキャッチコピーのような文章を書ける方が有利ですのでWebライティングのスキルは必須です。

 

そこで今回はライティングについてスキルがまだないから学びたいという方のために、ライティングのスキルを上達させるポイントと読者に読んでもらえるような文章を書くコツを紹介します。

 

この記事を読んでわかること

 

・なぜライティングが必要なスキルなのか

・読者に読んでもらう文章の特徴とは

・Webライティングのスキルをレベルアップさせるには

・あなたの作る文章をバックアップする校正ツールの紹介

 

ライティングのスキルを身につければWeb上のコンテンツのみならずビジネスの交渉や友人とのコミュニケーションなど幅広く活用できますので文章が得意じゃない方は必見ですよ。

 

アシスタント犬
アシスタント犬
ライティングは文章術、言葉を扱う事に応用できるから一生もののスキルだよ♪

 

ライティングのスキルは何に役に立つの?

 

ライティングというのは、そのままの意味で文章を書くことです。

 

特にWeb上のコンテンツ(ブログ記事、メルマガ、セールスレターなど)を作成することをWebライティングと呼ばれています。

 

普段、何気なくスマホやパソコンで見ているブログやメルマガなどの文章はWebライティングによるものなので身近で触れていますよね。

 

例えばこれからあなたがWeb上の何かしらのコンテンツで活動しようとなった時にWebライティングのスキルは避けては通れません。

 

では、なぜそこまで必要になるのか説明していきます。

 

アシスタント犬
アシスタント犬
ライティングはコミュニケーション力!伝わらないコンテンツは見る人も集らないので大事な部分だから見逃さないようにね♪

 

1)惹きつける文章が集客するコツ

 

ガツンと目に入って衝撃を受けるタイトル、キャッチコピーというのは読者の興味を惹きつけて自分のコンテンツをみてもらうための集客にも繋ります。

 

例えばこの2パターンの文章があったとします

 

①英会話を上達させる方法

②1日たった30分で日常会話ができるほど上達する英会話学習法

 

英会話を学びたい人にとっても、そうでなくてもどっちに目がいくかというとほとんどの場合で②の方ではないでしょうか?

 

①のタイトルはありきたりでインパクトもありませんし興味が湧きづらいですよね。一方、②のタイトルでは「へぇ、1日30分やれば日常会話レベルまで英語が学べる方法なんだー」というふうに読んだらどうなるかのイメージがしやすく、内容が読みたくなりますよね。

 

このような工夫で読者の興味の持ち方が変わってきますので、集客がしやすくなるんです。

 

2)Web上の多場面で活用されているスキル

 

最近では、テレワークや在宅ワークなど外出しないで働くという人の割合が増えてきました。

 

実際に会わなくてもコミュニケーションを取るためにWebでのテレビ電話やチャット、テキストメッセージでやり取りができますが、ここでもライティングの考え方というのが活用できるんです。

 

文章のやり取りでは伝えたいことの1割も伝わっていないということが多く、どんなにキレイな文章でも伝わらなければ意味はありません。そしてこれは会話でも同じ事が言えるのです。

 

これから在宅ワークを始めようという人にとってもこのような対話力を疎かにしていると認識の違いで思わぬトラブルにもなってしまいます。

 

Webライティングはそれらの根本的な考え方から学んでいけるので多方面で役に立つ事でしょう。ここでコツを掴めば相手に伝わるコミュニケーションのスキルを身に付けることも可能なのです。

 

読まれる文章の特徴とは?7つのポイント

 

ライティングによって読まれる文章というのは、読者に興味を持たせ飽きさせない工夫といかに読みやすく伝わる文章で書かれているかというのがポイントです。

 

そのような文章の特徴をまとめてみました

 

・難しい表現は抑えて読みやすい文章にする

・誤字や脱字をなくす

・どんな方に向けて書くのかを意識する

・文章の合間に画像を使う

・読者が共感できるポイントを書く

・読者の悩みに対するピンポイントの解決策を提供

・文章の量は多すぎてもダメ

 

最後まで読者に読んでもらうにはこれらを意識してライティングすることが重要です。

 

1)難しい表現は抑えて読みやすい文章にする

 

これは意外と思われるかもしれませんが、難しい表現や漢字は抑えたほうがいいです。

 

これらを多く使ってしまうとわかる人にはスムーズに読まれるかもしれませんが、そうでない方にとっては読みづらくなりそのページから離れてしまう原因となります。

 

ライティングでは小学5年生でもわかるように書く事がベストなんですよね。

 

あなたも文章を読み進めていく中で自然に読んでいける事はストレスがないですよね、このように難しい文章は避けてシンプルな表現を取り入れていきましょう。

 

2)誤字や脱字をなくす

 

これは文章を書くにおいては基本的な事なのですが誤字脱字をなくすことは当然です。

 

特に間違った漢字を使ったり、文字が抜けていたりすると読み手にとって読んでいる最中に「んっ?」となりせっかく内容が良くても伝わらなかったりして信用を落とす事になってしまいます。

 

そうならないためにも、書き終わった後は文章をチェックしたり後で紹介しますが校正ツールを使って修正していきましょう!

 

校正ツールは無料で利用できますのでガンガン使っていくといいです。

 

3)どんな方に向けて書くのかを意識する

 

ライティングをする上で欠かせないポイントの一つがどんな方に向けて書くかです。

 

文章を書く前に、どんな内容について書くのかを考えると思いますが同時にどのような人が読むのかも考えることです。

 

例えばとあるノウハウについて書く場合、初心者に向けたものであるなら専門用語を使いすぎると相手は初心者なので内容が伝わらないですよね。

 

逆に中級者、上級者の読者相手に初心者に教える内容なら「いや、そんなの基本中の基本じゃん」と思われてしまいます。

 

なので、どんな人に向けて書くのかを意識してしっかり設定していきましょう。

 

4)文章の合間に画像を使う

 

今ではいろんなブログの記事があります。見ていただくとわかりますがどれも画像を取り入れています。

 

これはなぜかというと、文字だけだと読者も飽きたりストレスになってそのページを離れてしまうからです。

 

あなたも文字だけの記事を読むとしたら想像つくとは思いますが、よほど熱心に読もうとしない限りは飽きませんか?

 

そこで、合間に画像もしくは写真を入れていくことで読者のストレスを緩和して読み進めやすくすることが大切です。

 

しかし、あまり多用しない程度にバランスを考えて使用しましょう。

 

5)読者が共感できるポイントを書く

 

読者が記事を読むのは、何かしらの悩みを解決したいから読むのです。

 

あなたの記事を読んで「そうそう」とか「わかるわー」などの共感するポイントがあると読者は自分にぴったりの記事だと思い読み進めてくれます。

 

このようにまず読者の悩みに共感できることを挙げて、解決策を挙げていくこともライティングの重要な部分です。

 

そこに、自分の経験や体験の中でもこんな悩みがあったなどを付け加えるとより読者に寄りそえます。

 

6)読者の悩みに対するピンポイントの解決策を提供

 

前述した悩みに対する解決策がその記事にあってそれを述べるというのは読者からすると読まないといけない理由になります。

 

なので、あなたの書いた文章でどんな悩みがどのように解決できるのかという結論を先に書く事で読者はこれはまさに自分のための記事だという思いで読んでくれるでしょう。

 

これらはWebの上での話ですが、リアルなところで家族や友人、知り合いの相談と同じです。

 

Webライティングとはいえ、こちらもコミュニケーションなので実際にそのテーマで困ってる身近な人を助ける思いで書くのが一番なんです。

 

7)文章の量は多すぎてもダメ

 

記事やコンテンツなどは長くて、ボリュームが多いことが良質である事とは限りません。

 

むしろその逆にダラダラ長い文章が続くとそれも読者から飽きられてしまうことの方が多いんです。

 

良質なブログというのは20,000文字を超えるような長いものはあまりなく、シンプルかつ簡潔にスムーズに読まれるように書かれています。

 

読者からしてもその方がありがたいということを知っているからですね。

 

なので、常に読者目線で考える事がライティングの肝という事です。

 

アシスタント犬
アシスタント犬
あなたが読み手だったらその文章は読みやすいかを考えるとわかりやすいよ!

 

ライティングのスキルを効率良くレベルアップさせる7つのコツ

 

よく在宅ワークでライティングをやってみたいんだけど、文章を書くのが苦手という事を聞きます。

 

私自信、もともと文章を書くのが苦手で小学校の頃に書いた作文なんてひどいものでした。それもあり向かないとは思っていましたが、今となってそれは関係ないと思っています。

 

教材をみたりや指導を受けて書き方のコツを掴んでなんとか今のレベルまできました。

 

なので集中的にやれば時間をかけずにライターになれますので、初心者が独自でライティングのスキルアップさせる方法を紹介したいと思います。

 

1)参考になる文章を分析する

 

いい文章に触れて、分析していくことで自分の文章力をアップさせることになります。

 

例えば、本や人気ブログなどを読むだけでも参考になることはたくさんあります。

 

Webライティングは才能と思われがちですが、小説とは違うのでセンスの効いたテクニックは必要はなく、むしろ数々のライティングに触れて自分の中に落とし込めるかなんだと思います。

 

そして、ライティングの本質は読みやすさ、伝わりやすさにあるんです。

 

2)コツコツ文章を書いて感覚を掴む

 

参考になる記事や本を読んでどんな書き方をしているのか学びながら、自分でも文章を書いていくことをおすすめします。

 

というのも、知っただけでは何も身についてはいません。「知る」と「できる」はまた違いますよね。

 

できるようになるには、コツコツ文章を書いていくしかないんです。書くことでも身につく感覚を覚えられるので好きな事を書いた日記ブログでいいのでトライしてみましょう。

 

3)読者の気持ちを理解する

 

文章はなんのために書くのかというと読者に何かを伝えるために書くということは常に意識しましょう。

 

読者がその時その分を読むことでどのような心境になるのかを考えながら文章の構成や流れを作ると読者はあなたのファンになってしまうくらい記事を読んでもらえるでしょう。

 

4)色んなライティング手法を勉強する

 

ライティングと一言でいっても奥が深く、手法や型がいろいろあります。所々で使い分けたりして活用されています。

 

ここでは簡単にまとめを紹介しますね。

 

・PREP法(プレップ法)

・QUESTの法則(クエストの法則)

・AIDMAの法則(アイドマの法則)

・PASONAの法則(パソナの法則)

・CREMAの法則(クレマの法則)

・SDS法(エスディーエス法)

 

これらは主にコピーライティングといわれる読み手に行動を促すための文章テクニックになります。

 

今はこういう手法もありますよということで頭に入れておくだけでいいと思います。気になるのでしたら検索すればどういうものなのかわかりますよ。

 

5)SEOについて学ぶ

 

SEOとは、検索エンジンの最適化の意味で読者があなたの書いた記事や作成したコンテンツにアクセスをしやすくするためのものです。

 

詳しくは別の記事で書いていますので参考にしていただければと思います。

 

ブログアフィリエイトで、収益をアップさせる初心者のための5つのSEO対策を解説!ブログアフィリエイトでSEO対策のやり方について説明した記事です。これを読む事で収益アップさせる事ができるようになります。...

6)クラウドソーシングなどを利用して記事を書いてみる

 

クラウドソーシングサービスでは、記事の執筆を依頼したい人が受注者に報酬を払って案件を発注します。その発注者と受注者をマッチングさせるサービスです。

 

ライティングのスキルアップだけでなく、報酬もいただけますので一石二鳥ですね。

 

こちらも詳しくは別記事を参考にしてください。

 

ランサーズを使って稼ぐ7つのポイント!副業で在宅ワークをするならクラウドソーシングこの記事ではクラウドソーシングサービスであるランサーズを利用した在宅副業で稼ぐ方法を説明いています。読むだけで時間や場所に縛られない稼ぎ方が学べます。...

 

7)自分でブログを立てて記事を執筆してみる

 

実際にブログを運営してみるというのも勉強になります。自分のブログで分析ができるのでどんなキーワードでどんなタイトルだと読者が集まるのかのデータ取りができますのでおすすめです。

 

人気ブログではどのような記事構成で工夫が施されているのか、読者の興味をどのように惹いているのかなど人気の理由を探るという目線で見てみるのもスキルを高めるにはいいですよ。

 

なんでもそうなのですが、上手くやっている人を参考にすることで劇的に効率よく上達できますのでぜひいい記事を調査してみましょう。

 

アシスタント犬
アシスタント犬
ライティングは継続してこれらを実践することがコツを掴む近道だよ♪

 

人気のWebメディアを参考にキャッチコピーのコツを掴む

 

ブログや動画配信などのタイトルには、読者や視聴者の興味をひくためにキャッチーなワードが使われています。

 

「おっ、なんか面白そう」

「えっ?何これ、気になる!」

 

などの反応させられるタイトルを見た事はないでしょうか?

 

特に、人気のあるブログや動画にはそのようなタイトル付けがされていることが多いため新規の読者や視聴者が絶えないんですね。

 

そのような人たちがどんなタイトルの付け方をしているのかというのはすごく参考になります。

 

なぜ、タイトルなの?と思うかもしれませんがまず読者や視聴者が目にするのはコンテンツの内容の前にタイトルで見るか見ないかの判断をするからです。

 

なので、人気のWebメディアのタイトルはキャッチコピーのコツを掴むためには最高の素材となるんです。

 

アシスタント犬
アシスタント犬
キャッチコピーのコツは上手な人が書いたタイトルをたくさんみてみよう!いい勉強になるよ!

 

修正や訂正は校正ツールを使って仕上げよう

 

誤字脱字をなくし読みやすい文章にするためにここで無料で使える校正ツールを紹介していきたいと思います。校正ツールでは誤字脱字だけではなく間違った文章も自動で教えてくれるライティングには便利なものになっているので積極的に利用していきましょう。

 

①Enno

②テキスト処理ツール

③Tomarigi

④日本語校正サポート

⑤オンライン日本語校正補助ツール

 

記事などのテキストを書きあげた後に、校正ツールで見直しをして指摘があれば修正すれば読みやすい文章に改善されますのでおすすめです。

 

アシスタント犬
アシスタント犬
自分で確認することも大事だけど人間なのでどうしてもミスは起こるもの。校正ツールを使えば楽に修正ができるから活用してみよう!

 

まとめ

 

Webライティングのスキルはさまざまな場面で活用できるので、今後Web上で何かの活動やお仕事をするという場合に限らず、リアルな場面でのコミュニケーションを取るという場合でも役に立ちますので身に付けておいた方が得です。

 

どんなコンテンツでも、相手に伝わらなければ意味はありません。その伝わりやすい文章を書くためのスキルがライティングなのです。

 

今回は、ライティングについての基礎的な考え方を含めてそのスキルを身に付けるコツや上達方法をお伝えしていきました。テクニック等のスキルも必要になってきますが、初心者の方には最初に意識していただきたい部分ですので参考にしてほしいです。

 

そして、はじめたばかりは深く考えすぎてしまって難しく感じるかもしれませんが参考になるブログや動画などのタイトルなどを見ていくとコツがわかってくると思います。そうなるとライティングの面白さに気付いてもっと学んでいくモチベーションにも繫がっていきますので楽しみながらライティングに取り組んでいってほしいですね。

 

アシスタント犬
アシスタント犬
ライティングは文章を書くうえで必要なスキルなので実際に書きながら学んでいこうね!